ゆきまろ@山乃下農園

栃木:20代後半の自閉症っぽい男 引き兄と共同で野菜を作るために敷地内の荒れ地を開拓中!!

荒れ地の水はけが悪いので、竹で暗渠(あんきょ)排水した話

雨が降る度に人力で掘った溝に水が溜まるほど荒れ地の水はけが悪かったので、竹で暗渠(あんきょ)排水を作りました。

引き兄からも「早く水はけを改善しろ」と言われていたので、急いで作った様子を紹介していきます。

竹が入るように地面を掘る

まずは、竹を土の下に設置しなければいけないので、水分がたっぷりと含んだ土をシャベルで掘り返しました。

元々はこんな感じ⇩

掘り返した後⇩

2日ぐらいかけて土を掘り返しました。

土を掘ること自体は慣れましたが、やっぱりキツいですね。

竹を敷き詰める

土も掘り返す事が出来たので、竹をたっぷりと敷き詰めました。

真っ直ぐな竹もあれば、かなり曲がった竹もあったので、配置場所には一苦労しましたね。

土を埋め戻す

たっぷりと竹を敷き詰める事が出来たので、埋め戻しました。

イイ感じで埋め戻す事ができました。

水はけもバッチリ改善することが出来ました。⇩

これから雨の多くなる季節なので、その前に改善出来て良かったです。

まだまだ、人力開拓は終わらないので引き続き頑張ります。

つづく

山菜の王様タラボをプランターに植えた話

タラボ回収

荒れ地の開拓に邪魔だったので、山菜の王様タラボを回収してきました。⇩

プランターに植える

そして早速プランターに移し替えて上げました。⇩

このまま大きくなる事を願いつつ、来年か再来年ぐらいには天ぷらにして食べたいものです。

おわり

バンブードームを作ったので紹介!!

我が家には小さい菜園ハウスがあるのですが、(種から育てている野菜を育苗するために)「もうひとつ欲しいなぁ」と思ったのでバンブードーム(山開拓でGETした竹を利用して)を作る事にしました。

yukimaro03.hatenablog.com

ヒノキの杭に柿渋を塗る

まずは、バンブードームを作る前にヒノキの杭に柿渋を(腐らないように)3回塗るところから始めました。

バンブードームを作る

間違って画像を消してしまったので、いきなりドーム状に組んだ所からの紹介になります。

まずは、先ほど塗った杭を半径2m感覚でサークル状に打ち込みました。

次に、350㎝に切った竹を2つ針金で繋ぎ合わせてアーチ状にし、外れないように杭に(竹に下穴を空けて)ビス留めしました。

直径は4mで高さは2mほどになります。

竹は両手竹割り器で割った竹になります。

yukimaro03.hatenablog.com

竹を斜めに入れてがっちりと強化する

続いては、バンブードームをより強固なモノにするために竹を斜めに入れました。

体重50㎏ほどの男が乗っても大丈夫でした。

今思えば、麻ひもでも良かったような気がしますが、針金で竹同士をがっちりと留めています。

入り口部分の制作

バンブードームの本体が出来たので、次は入り口の部分を作りました。

こちらは、竹を繋ぎ合わせる事無くアーチ状に曲げて作っております。

アーチ状を綺麗に保つために山開拓でGETした細いヒノキの丸太を地面に埋め込み、ビス留めしました。

入り口の部分も針金でがっちりと留めていますが、かなりの時間を費やしております。

ビニールを被せていく

本体も入り口もようやく出来たので、ビニールを被せることにしました。

ビニールを被せただけですが、一気に菜園ハウスっぽくなりましたね。

ビニールを竹で挟んで留めていく

ビニールを被せることが出来たので、かなりの荒技ですが竹でビニールを留めることにしました。

ビニールを留めた後は、雨漏りしないように(するかもしれませんが)ハウス用のテープを貼っています。

風通しをよくする

ハウスの中が暑くなりすぎないように、風通しもよくしました。

あと入り口の部分は、ビニールを交差させて重りを付け、風で開かないようにしています。

画像のように、下半分はビニールを留めずいつでも開けられる用にしました。

閉める時は、クリップを使って留めています。

10日前後で完成

荒れ地の開拓そっちのけで10日前後時間を費やし、バンブードームを完成させました。

引き兄からは「早く荒れ地の開拓をしろよ」と怒られていましたが、完成したバンブードームを見て「良いハウスだなぁ」と褒めてもらいました。

我が家のシンボルハウスとして活躍してくれるであろうバンブードームを利用して、種から育てている野菜の育苗を頑張っていきます。

おわり

ジャガイモを植えるための畝作りとジャガイモの定植と現在の様子!!

竹の土留めが完了したので、畝を作って1ヶ月半ほど天日干しにしたジャガイモを定植した話を(現在の様子も)紹介していきます!!

yukimaro03.hatenablog.com

土の山を崩して平らにする

まずは、溝掘りで山盛りになっていた土をシャベルで崩す作業から開始しました。

f:id:yukimaro03:20220404223234j:plain

シャベルで地道に崩しています。

f:id:yukimaro03:20220404223247j:plain

こちらが崩して平らにした後です。

前日に雨が降り水分が含んでいたので、土が重くて疲れましたね。

ここから、畝幅120㎝の畝を作りました。

f:id:yukimaro03:20220404223217j:plain

f:id:yukimaro03:20220404223303j:plain

こちらが完成した畝になります。

シャベルで浅く溝を作りました。

ジャガイモの定植

ようやく畝も完成したので、1ヶ月半ほど天日干しにしていたジャガイモ(きたあかり)を並べてから植えました。(4月2日定植)

f:id:yukimaro03:20220404223222j:plainf:id:yukimaro03:20220404223230j:plain

f:id:yukimaro03:20220404223226j:plain

ジャガイモとジャガイモの間には引き兄が昨年植えたエンバク(緑肥)を定植しています。

この植え方が良いのか?悪いのか?は分かりません。

現在の様子

f:id:yukimaro03:20220406203550j:plain

現在はこんな感じです!!

畑は繋げた方がイイだろう」と思ったので、浅く掘った溝を埋めて畑の中心に新たに浅い溝を作りました。

まだ、ジャガイモが残っているので植えていきます。

引き兄が開拓している畑

こちらが引き兄が開拓している今現在の畑になります。

f:id:yukimaro03:20220406203547j:plain

引き兄に「俺の所にも畝を作れ!!」と言われたので作りました。

作り終わった後に引き兄から「良くやりますな」と感心されましたね。

1日に2つも畝を作るのは結構ハードでしたが、荒れ地が少しずつ畑っぽくなるのが嬉しいので、引き続き開拓を頑張ります。

つづく