ゆきまろブログ

自由気ままに書いていくブログ 栃木:20代男 人見知り&コミュ障&あがり症人間。高校を2年留年、1年生を2回やってます。

久しぶりにオーダーを頂いたので手探りで本棚を作った話

f:id:yukimaro03:20210601222247j:plain
f:id:yukimaro03:20210601223342j:plain
完成した本棚

先週、久しぶりに「憩いの場」に言ったら、職員の方が(個人的に)A4サイズの本が入る「本棚」と「サイドテーブル」が欲しいとオーダーを頂きました。

なのでまずは「本棚」から作る事にしました。その時の制作過程を書いていきます。

サイドテーブルはまだ作っていないのでこれから作っていきます。

※また、画像多めです🙇

 そもそも「憩いの場」ってなに❓と思われた方はこちらの記事をどうぞ⇩

yukimaro03.hatenablog.com

 手探りで本棚を制作

本棚を作って欲しいとオーダーを頂いたものの、スパイスラックやミニテーブルぐらいしか作った事が無かったので「どうやって作ればいいのだろう」と悩みましたが、取り敢えず手探りで本棚を作っていくことにしました。

 ミニテーブルを作ったときの話はこちら⇩

yukimaro03.hatenablog.com

 夜な夜な作業

f:id:yukimaro03:20210601225134j:plain

作業机が散らかっていてお見苦しいのですが、一応ネットなどで調べて、ホームセンター(ホムセン)に売っている杉の角材を使う事にしました!!(直し途中のボロ納屋に、ライトを照らして夜な夜な作業しました)

そして、4つの角材を同じ長さになるように切り揃えました。

 ボロ納屋直しの記事はこちら⇩

yukimaro03.hatenablog.com

 次に角材にダボ穴を開けていきます。

f:id:yukimaro03:20210601230337j:plain
画像のような感じで、ダボ穴を開けました。ビスというモノを見えなくする為に開けています。

次に組んでいきます。

f:id:yukimaro03:20210601225130j:plain
f:id:yukimaro03:20210601225859j:plain
f:id:yukimaro03:20210601230809j:plain
f:id:yukimaro03:20210601225911j:plain

画像のような感じで組んでいきました。強度を上げるためにボンドも塗っています。

それから赤矢印の道具は「クランプ」というモノでして、レバーを引いて木材が動かないように押さえてくれます。

1人で作業しているときに重宝する道具です!!

次に4本の杉の角材を使って、合わせていきます。

f:id:yukimaro03:20210602190957j:plain
f:id:yukimaro03:20210602190944j:plain
f:id:yukimaro03:20210602190947j:plain
f:id:yukimaro03:20210602190953j:plain

画像のような感じで、2つを1つに合わせることが出来ました。

次に1X4材を仮置きしていきます。

f:id:yukimaro03:20210602215846j:plain

イイ感じですね!

次は、1X4材を加工していきます。

f:id:yukimaro03:20210602215855j:plain
f:id:yukimaro03:20210602215859j:plain

画像のような感じで、真っ直ぐに切れるように簡易的なガイドを使いました。

f:id:yukimaro03:20210602215852j:plain

足が映っていますが、切るとこんな感じです。なかなか良い仕上がりだと思っています。

f:id:yukimaro03:20210602215903j:plain

全ての1X4材に加工を施して実際に置いてみました。イイ感じで収まってくれました。

次は、1X4材を固定するために、本棚を逆さにして裏側にもダボ穴を開けていきます。

f:id:yukimaro03:20210602215911j:plain

こちらが裏側にダボ穴を開けた様子になります。

かなりの数ダボ穴を開けたので疲れました。

次に1X4材にビンテージワックスなるモノを擦り込んでいきます。

f:id:yukimaro03:20210602225410j:plain
f:id:yukimaro03:20210602225414j:plain

こちらがビンテージワックスのウォルナットになります。

f:id:yukimaro03:20210602225447j:plain
f:id:yukimaro03:20210602225452j:plain

実際にスチールウールを使って擦り込むと、画像のような感じになります。なかなか良い感じのツヤが出ています。30分経ったら右の画像のように布切れで拭いていきます。

ビンテージワックス自体は初めて使ったのですが、匂いが少しキツいなと感じました。なので室内で使う場合は、しっかりと換気をした方がイイです。

ボロ納屋は隙間だらけなので、今のところは換気をしなくても大丈夫です!!

次にダボを使ってダボ穴を埋めていきます。

f:id:yukimaro03:20210602215919j:plain
f:id:yukimaro03:20210602215916j:plain

f:id:yukimaro03:20210602215923j:plain

ダボ穴も埋まってイイ感じです!!

次に本が落ちないように、現物合わせで角材を斜めに入れていきます。

f:id:yukimaro03:20210602215935j:plain
f:id:yukimaro03:20210602215938j:plain

f:id:yukimaro03:20210602225434j:plain

実際に仮で角材を斜めに入れるとこんな感じです。

斜めに角材を入れること自体やったことが無かったので、かなり苦戦をして疲れました。難しかったです。

次にミルクペイントの黒を塗っていきます。

f:id:yukimaro03:20210602225406j:plain
f:id:yukimaro03:20210602225456j:plain

こちらが身体に優しい塗料のミルクペイントになります。

f:id:yukimaro03:20210602225400j:plain

実際に塗るとこんな感じです。マットな仕上がりになりますね!!

また、20分ほどで塗料が手に付かなくなりますが、完全に乾くまでは1日以上置いた方がイイですね!

f:id:yukimaro03:20210602225357j:plain

それから、仮で斜めに入れた角材を取り外し、1X4材と同じビンテージワックスで擦り込みました。

次に1X4材を固定していきます。

f:id:yukimaro03:20210602220014j:plain
f:id:yukimaro03:20210602220018j:plain
f:id:yukimaro03:20210602220030j:plain
f:id:yukimaro03:20210602220035j:plain

さっき開けたダボ穴にビスを打ち込んで、しっかりと裏側から固定しています。

f:id:yukimaro03:20210604230915j:plain

1X4材を全て固定するとこんな感じになります。

そういえば「色はお任せします」と言われていたので、私の好きなように塗っています。
次に斜めに切った角材を入れていきます。

f:id:yukimaro03:20210604230920j:plain

イイ感じで角材も固定することが出来ました。
次に野地板を使って、背板を取り付けていきます。

f:id:yukimaro03:20210602220121j:plain
f:id:yukimaro03:20210602220125j:plain

こちらが背板に使う野地板になります。右の画像はヤスリ掛けをして、下穴を開けています。

次に自然カラーの塗料を塗っていきます。

f:id:yukimaro03:20210602220003j:plain
f:id:yukimaro03:20210602220007j:plain

こちらが自然カラーのミディアム・ブラウンになります。

f:id:yukimaro03:20210604232117j:plain

実際に塗るとこんな感じですね。イイ感じの色合いになりました。

2度塗りしています。

f:id:yukimaro03:20210604232436j:plain
f:id:yukimaro03:20210604232442j:plain
f:id:yukimaro03:20210604232451j:plain
f:id:yukimaro03:20210604232446j:plain

背板も取り付けて、A4サイズの本が入る本棚が完成しました。

初めての本棚作りに悪戦苦闘しながら、1週間掛けて作りました。

やっぱりオーダーを受けると心臓がバクバクですが、まだサイドテーブルのオーダーが残っているので、気を抜かずに頑張って作っていきます。

おわり