ゆきまろブログ

自由気ままに書いていくブログ 栃木:20代男 人見知り&コミュ障&あがり症人間。高校を2年留年、1年生を2回やってます。

今年の1月からやっているボロ納屋直し③

前回の続きです。

※今回も画像多めです😅

 前回の記事はこちら⇩

yukimaro03.hatenablog.com

 

f:id:yukimaro03:20210417203314j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203310j:plain

前回は、土台と新しい柱を入れて一旦終わりにしました。

今回は、前回直した場所に勝手口を作ろうと考えていたので、50年以上我が家に眠っていた木の雨戸を引っ張り出してドアとして使う事にしました。

かなり汚い木の雨戸になっています。なので洗っていきます。

 

f:id:yukimaro03:20210417203325j:plain

洗って、乾かしている様子がこちらになります。

タワシでゴシゴシ洗っていると、透明な水が真っ黒く濁りました。

実際に汚れていたモノを綺麗にすると、気持ちがイイですね!!

 

f:id:yukimaro03:20210417203410j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203420j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203424j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203437j:plain

木の雨戸が乾いたので、実際に2✕4材のフレームを木の雨戸に合わせて組んでいきました。

この作業は2時間ほど費やしました。

理由は、2✕4材の間が狭すぎるとドアが閉まらないという事と、逆に広すぎると不格好になってしまうという、微妙な微調整に時間を費やしたのが理由になります。

ドアを設置するって難しいですね。

 

f:id:yukimaro03:20210417203328j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203336j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203403j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203345j:plain

それから、今のお家と違って梁がものすごく太くてはみ出しちゃっているので、2✕4材がピッタリ収まるように加工もしてました。

f:id:yukimaro03:20210417203442j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203450j:plain

実際に先ほど作った2✕4材のフレームをはめ込むとこんな感じになります。意外にもピッタリと収まってくれました。

そして前回設置したアンカーボルトの位置にこちらもピッタリと、2✕4材を収めることが出来ました。

 

f:id:yukimaro03:20210409220836j:plain

それから2✕4材のフレームが動かないように、ビスというモノを使って固定しました。

 

f:id:yukimaro03:20210417213522j:plain
f:id:yukimaro03:20210417211624j:plain
f:id:yukimaro03:20210417211630j:plain
f:id:yukimaro03:20210417211614j:plain

次に、前回入れた柱の部分になりますが、さすがにビスだけで固定するには強度が弱いと感じたので、画像のような感じで21㎝のボルトを設置しました。

 

f:id:yukimaro03:20210417215129j:plain
f:id:yukimaro03:20210417215123j:plain

ボルトも設置できたところで、ほったらかしにしていた木の雨戸の修理に取りかかりました。

赤丸の部分の破損している部分は、ベニヤ板という板で塞ぎました。

緑丸の部分は、カンナという道具で表面を削りました。

 

f:id:yukimaro03:20210417203536j:plain

カンナで削ったモノがこちらになります。アフロですね。

このあと風でどこかに飛んでいきました。

 

f:id:yukimaro03:20210417203518j:plain

それから、木の雨戸の釘がかなりさび付いていたので、ハンマーで新しい釘を打ち込んでいきました。

この作業は、ずっとしゃがみながらだったので疲れましたねぇ~。

 

f:id:yukimaro03:20210417203553j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203557j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203601j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203605j:plain

木の雨戸を多少直したところで、今度はホムセンに売っている断熱材(発泡スチロール)を買ってきて、画像のような形ではめ込んでいきました。

断熱材はカッターで切ってます。

 

f:id:yukimaro03:20210417203620j:plain

そして、断熱材が取れないように、木の雨戸にベニヤ板を張り付けました。

 

f:id:yukimaro03:20210417203406j:plain
f:id:yukimaro03:20210417203541j:plain

実際に、まだ何も手を加えていなかった時の木の雨戸と比較してみると、イイ感じに変わりましたね!!

と感じたところで、また長くなりそうなので一旦ここまでにします。

つづく